共同墓地

お墓の悩み

今回は、共同墓地についてお話をさせて頂きます。

共同墓地とは、別名「集合墓」「合葬墓」「総墓」とも言われます。数年前までは、一家に一基のお墓というのが一般的でしたが、家族形態やライフスタイルの変化に伴い、近年では多くの方が共同墓地を必要とされています。家族形態の変化の代表としては核家族が、また、ライフスタイルの変化としては、女性の社会進出による晩婚・未婚や少子化などが挙げられます。
こういった変化により、お墓の承継者問題をご相談される方が多くおられます。問題点として、一つ目は、お墓の跡継ぎがいないこと。二つ目は、子供がいても遠方に住んでいるなどの理由で墓守出来ないこと。三つ目は、子供にはお墓を守るという心配や負担をかけたくないということ。などが挙げられます。

このようなご不安をお持ちの方には、證大寺の永代供養墓『浄縁墓』をご紹介させて頂いております。浄縁墓とは、證大寺が永代にわたって守り、ご供養させて頂く共同墓地です。ご契約者様からは、“お墓に対する不安が解消された”という嬉しいお声を多く頂いております。お寺が守る共同墓地だなんて、安心だと思いませんか?
ここで、證大寺の共同墓地である『浄縁墓』の特徴を3つご紹介させて頂きます。
◆特徴①=承継者の心配がない。證大寺が責任をもって運営管理をする共同墓地です。
◆特徴②=手厚い供養のある唯一の共同墓地。ご遺骨の一部を本堂にお預かりし、毎日・毎月・毎年法要にてご供養致します。
◆特徴③=費用は個別墓の4分の1。管理費一切不要。證大寺の職員が毎日清掃しており、いつでも気持ちよくお参りして頂けます。
たくさんの素晴らしい特徴がありますが、ここでは簡潔に。ただ、私たち職員と僧侶とが皆、この共同墓地である『浄縁墓』を本当に大事に思っているということだけは、声を大にしてお伝えしたいと思います。また、共同墓地の見学会も随時行っておりますので、お気軽にお問合せくださいね。

先日のお彼岸では、沢山の方々が献花・お焼香くださいました。苑内の別の場所にご自身のお墓があるにも関わらずです。この共同墓地は、親族という小さな枠を越えた、“みんなのお墓”なんですね。たくさんの人が出会い別れ、そしてまた出会われます。私たちは、無意識のうちに、たくさんのご縁の中で生かされているのだと思います。共同墓地である浄縁墓には多くの方がすでに納骨されており、性別も年齢も職業も異なる方々がひとつのお墓で出会われています。それは、ご縁以外の何者でもないと思うのです。また、この浄縁墓をご契約いただいた方同士が、證大寺の行事を通じて出会われ、“寺友”になる。お互いを励まし合って過ごされる。そんな光景を目にしますと、ご縁を大切にする“證大寺”という場所に勤められて本当に良かった、と心から感謝させて頂く、今日この頃です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧