永代供養墓とは

お墓の悩み

皆様から多くお話を頂きます、永代供養墓とは何かについてお話したいと思います。

皆様、永代供養墓とは何?と聞かれたらどんなイメージを持ちますでしょうか?
墓所の隅にあってなんだかさみしいイメージですとか、閉ざされたようで暗い、冷たい作り、跡継ぎが居なくて仕方なく・・・といったネガティブなイメージがありませんか。
私が担当しております窓口では、そんな「永代供養墓とは」という相談を多く受けます。実際お話を伺ってみると、自分の先祖代々のお墓はあるけれども、自分の行き先は自分で決めたい!自分の気に入った所が良い!など、永代供養墓とは何かに対してポジティブなお話を伺う事が圧倒的に多いのです。
実際に当浄苑で永代供養墓とはというところから始まり、永代供養墓「浄縁墓」を決めて下さった方々より、ここは霊園なのにとっても明るい雰囲気があって良い、緑に囲まれて気持ちが良い、他のお墓と違って素敵なお墓で良い、だからとっても安心したとホッとした笑顔、活き活きとした笑顔を見せていただける事が非常に多いので、ご参詣頂く皆様を優しく包んで見守っているんだなぁと日々実感致します。
そんなお話を聞くたびに、永代供養墓とはただのお墓じゃないんだ、亡き人と出会える場所と言う意味だけでなく、今を生きる私たちに大きな安心感でエネルギーを与えてくれて、頑張って生きてと背中を押してもらえるようなそんなお墓なんだと思いました。またそんな永代供養墓の前で手を合わせてお参りくださる姿を見ると私もとても和やかな気持ちになります。私は手を合わせてお参りしている姿を拝見するといつも思うことがあります。「手を合わせる」事、普段の生活の中で手を合わせる事が多くあると思います。例えばいただきます、ごちそうさま、ありがとう、人様のお願いをする時、そしてお墓参りをする時・・・。この手を合わせるという行動は、願いと感謝が込められています。
参詣者様で、永代供養墓とは何?からスタートし、永代供養墓「浄縁墓」にして良かった、安心したと手を合わせられお話をして下さる方がいらっしゃいます。そんな時、永代供養墓・浄縁墓の安心感、生きるエネルギー、背中を押してもらえるようなパワーが、この手を合わせるという行動になったのだと感じます。合わせ閉じられた両手の手のひらに何かを感じながら、静かに亡き人と向き合う、自分自身に向き合う、そんな穏やかな時間があるのはとても素敵な事だと思いませんか?

私は永代供養墓とは何?から始まり、永代供養墓「浄縁墓」を選んでいただき、大切にしてくださる参詣者様より、永代供養墓の意味と大切さを教えて頂いた気がします。明るい霊園、緑があって爽やかな環境だと感じるのは、皆様一人一人が永代供養墓「浄縁墓」を大切に思ってくださる、その合わせた手のひらの小さな空間から大きなエネルギーが生まれて来たからだと思っています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧